全国にどれくらいあるの?通信制高校の選び方

広域はどこに住んでいても利用可能

公立の高校を受験するとき、全国にある高校を自由に受験できるわけではありません。基本的には自分の住んでいる都道府県に属している高校しか選べず、都道府県によってはさらに校区などが決められて受験できる学校が決まっているところもあります。通信制高校の種類としては広域と呼ばれるタイプがあります。全国のいろいろなところに本部があり、スクーリングも全国で行ってくれます。そのため、特に通える地域が限定されていません。北海道や沖縄に本部がある学校でも、東京や大阪に住んでいる人が利用できます。それぞれの学校で特色があり、地域ごとに校舎を設けて通える通信制高校もあります。高校の内容以外のカリキュラムなどが用意されている高校もあります。

狭域であったり公立は一定の制限がある

通信制高校といえば私立が大半になるかもしれません。しかし公立の通信制高校もあります。各都道府県に数校程度設置されていて、基本的にはそれぞれの都道府県に住んでいる人しか利用できません。東京に住んでいる人は、東京都内にある通信制高校しか利用できません。スクーリングは全日制高校の校舎を使うため、そこに通えなければ将来的な卒業も難しくなります。私立には広域と狭域があり、狭域は利用できる地域が限定されている高校です。公立に比べると範囲の制限は緩いですが、全国のどこからでも利用できるわけではありません。東京都に本部があって、東京都と埼玉県に住所がある人しか利用できない学校であったり、宮城県内に本部があって東北地方に住んでいる人しか利用できないなどがあります。